ニキビに刺激を与えてはいけない

今現在私はニキビはありません。しかしできやすいのも事実です。脂っこいものを余計に食べたり、寝不足が続くとできやすくなるようです。あまり多くはできませんが、急に1個出てくるとそれがすごく目立つのです。気になって触ってしまいます。

ニキビが出来てしまった時に私がしていること、気を付けることは、

出来るだけ触らないようにする。触ることでさらに刺激を与えるので、治りにくくなります。

脂っこいものを避けるようにする。

眼の下ふっくらさせたいのに、体の疲れが原因で眼の下がやせてきています。

顔を洗う時はとにかく絶対にお肌に触れない洗い方をします。泡で洗うにしても、ぬるま湯で洗うにしても、手は肌に触れないように30回くらいすすぎます。

メイクをするときも指、パフや筆などでニキビをこすらないようにします。その部分だけ何もしないのが一番いいのですが、一部だけ赤く浮かび上がるものが見えているとおかしいので、メイクは押し当てるようにしていきます。洗い流す時にはこすることが無いように、少しくらいニキビにメイクがのっていても気にしません。

ニキビ専用の美容液、その他保湿に関しても、全て、手のひら全体で押さえるようなつけ方が、肌全体にもニキビにも一番優しくていいつけ方だと思います。

刺激を与えないで肌ストレスからより遠いケアをすることは、まさにお肌にとっても精神的にもかなりの癒し効果があるように思います。

朝起きて、安心して鏡が見られるはずです。
卵巣嚢腫 間欠性跛行 プレミアム酵母 蓄膿症 頭痛 ルフィーナ おならが止まらない 後鼻漏 子宮筋腫妊娠 ニキビ角栓 足の痛み 子宮が痛い 頻尿 非公開車両 子宮腺筋症 ラミューテ

MTBlog42c2BetaInner

最近のブログ記事