今までのケアを一度やめてみること

小学生のころから出始めたニキビは額から始まり、顔全体へと広がっていきました。「20代になったら治るよ」と親に言われたのを信じていましたが、20代超えても一向に良くなりませんでした。

ニキビに良いとされる化粧品を使用してみたり、皮膚科や美容外科、サロンに行って施術を行っても一向に良くなりませんでした。

悪いことだとわかっていても、髪の毛で顔を隠したり、コンシーラーを何色も重ねた上にファンデーションを付けたり、マスクをしたり隠していた結果、刺激で余計に悪化していきました。

 

しかしある日、アレルギーの症状の一つにニキビがあることを知りました。遅延アレルギーといって、普通のアレルギーとは違っているのですが、普段食べているものがアレルギーの原因だったりします。私の場合は白米でした。白米をやめたところ、一気に額や頬のニキビが減りました。私の知り合いには小麦が原因だったという方もいます。

また、すべての化粧品をオーガニックに変えました。目尻にヒアルロン酸もいいので洗顔後の化粧水とフェイシャルオイルのみ(乾燥が気になる時は保湿クリーム)をするようにしたら、新しいニキビもできにくくなり、隠すのが大変だったニキビもほとんど目立たなくなりました。

 

1週間に何度もフェイスパックをしたり角質ケアをしていましたが、それもなくし、角質ケアは1週間に1回にしました。今までは気にしすぎてケアをしすぎていたのが原因だったとわかりました。またニキビを気にするストレスもニキビの原因となっていたと思われます。
卵巣嚢腫 間欠性跛行 プレミアム酵母 蓄膿症 頭痛 ルフィーナ おならが止まらない 後鼻漏 子宮筋腫妊娠 ニキビ角栓 足の痛み 子宮が痛い 頻尿 非公開車両 子宮腺筋症 ラミューテ

MTBlog42c2BetaInner

最近のブログ記事