ニキビケアの最近のブログ記事

小学生のころから出始めたニキビは額から始まり、顔全体へと広がっていきました。「20代になったら治るよ」と親に言われたのを信じていましたが、20代超えても一向に良くなりませんでした。

ニキビに良いとされる化粧品を使用してみたり、皮膚科や美容外科、サロンに行って施術を行っても一向に良くなりませんでした。

悪いことだとわかっていても、髪の毛で顔を隠したり、コンシーラーを何色も重ねた上にファンデーションを付けたり、マスクをしたり隠していた結果、刺激で余計に悪化していきました。

 

しかしある日、アレルギーの症状の一つにニキビがあることを知りました。遅延アレルギーといって、普通のアレルギーとは違っているのですが、普段食べているものがアレルギーの原因だったりします。私の場合は白米でした。白米をやめたところ、一気に額や頬のニキビが減りました。私の知り合いには小麦が原因だったという方もいます。

また、すべての化粧品をオーガニックに変えました。目尻にヒアルロン酸もいいので洗顔後の化粧水とフェイシャルオイルのみ(乾燥が気になる時は保湿クリーム)をするようにしたら、新しいニキビもできにくくなり、隠すのが大変だったニキビもほとんど目立たなくなりました。

 

1週間に何度もフェイスパックをしたり角質ケアをしていましたが、それもなくし、角質ケアは1週間に1回にしました。今までは気にしすぎてケアをしすぎていたのが原因だったとわかりました。またニキビを気にするストレスもニキビの原因となっていたと思われます。

高校に入ってから前髪を作ったせいかおでこの部分からニキビができ始めました。最初はそんなには気にしなかったんですが、だんだん増えて行くばかりで不安になり始めました。最初は前髪をピンでまとめたりしてみても変わりはなく、ニキビ対策のスキンケアコスメを使い始めました。使い始めてから1ヶ月は結構治ってたんですが、1ヶ月後からまたニキビができ始めて別のスキンケアコスメを使いました。

それも同じ効果でした。結構使ってるとまたニキビができる。

このリサイクルを2、3回、回ってそろそろおかしいと思い始めたらもうおでこ、顔のサイドがニキビですごいことになっていました。

知り合いや友達にまで心配され、前髪を下ろして、ニキビを隠すようになりました。そうしたら当然のようにさらに増えます。

そのときもまだニキビ対策のスキンケアコスメを使い続けてました。そうこうしてるうちに、ニキビに悩まされて2年が経っていました。

もうニキビとの生活にすら慣れていました。そうしたらお母さんに美容院に行くことを勧められ、言うがままに行きました。美容院に3ヶ月くらい通ってやっと治りました。スキンケアについてアドバイスをもらったのですが、ニキビ対策のものを長期で使うのは肌をだめにするみたいで、私の肌がすごくダメになってるからと普通のスキンケアコスメに戻されました。

それ以降は特に美容院にも行ってなく、スキンケアに特別なこともしていません。今では、早くニキビのあとが消えるようにと願うだけです。
こちらのサイトもおすすめです。歯が汚い女

小さい頃、肌がつるつるで本当に綺麗だったのですが中学生に上がった頃から少しずつニキビが出始めてきました。当時はニキビが早く治ってほしいしみんなに見られたくないという思いから汁をだしてしまったり取ってしまったりを何度かしてしまいました。

 

結果、小さな穴になってしまい今でも本当に後悔しています。今までにできてしまったニキビの跡は消えることはないのかと思うといつもテンションが下がってしまい他人からの目線を気にしてしまったりと落ち込んでしまうことがあります。もちろん、周りの人がみんなそんな風に思っているとは限りませんがやはり気になってしまうものです。

 

現在でも時々ニキビができることがあるのですが、同じ失敗は絶対したくないと思い、絶対にいじったりしないようにしています。また、普段から化粧を薄くしたいと考えていて、洗顔にも気を配りできるだけダメージを与えないようなやり方をしています。それまでは洗顔をするときも少し力を入れすぎてしまっていたりと肌にとってよくないことを重ねていたんだと思います。病院の先生に相談した際に力を入れすぎるのはよくないとアドバイスをいただいてからは徹底して意識をしています。

 

しかし、この方法を取ったからといってニキビ自体が0になるということは考えにくいですし食べ物によってもでてきてしまいます。なので私はニキビを無くそうという考えかたよりもでてきたときにどう対処するのが一番良いかということに重点を置いています。