シャンプーってノンシリコンと言われてるものから格安のものまで沢山ありますが、個人的に思うに高いものでも高いものでもまずしっとり系かさらさら系かどちらが自分の髪に合うかを見極めないといくらいいシャンプーを使っても枝毛になってしまうことです。

 

私の場合、実際に今まで使ったシャンプーの中で今合ってるなと思ったものはしっとり系です。さっぱり系(シーブリーズなど清涼剤のような成分が入っているもの)に関しては頭皮がべたついていたり夏場の汗の量がすごく多い時期に限ってですが枝毛や髪のうねりが少なかったです。頭皮のかゆみに関しては季節ごとにさっぱり系かしっとり系を使い分けるといいかもしれないですね・・・。

ちなみに今は冬ですのでしっとり系を使ってます。使用してるシャンプーはTUBAKIの白です。コンディショナーも同様です。

また、しっとり系を使った際とさっぱり系を使った際の髪の毛のボリュームはしっとり系の方がまとまりがいいのか、少しペタッとしてる感じがしました。そこは多分ドライヤーやブラシでのセットの腕に依存するんだと思います。

 

またアイロンをかけてもアイロン用のスプレーなしでも結構傷みにくかったのできっとTUBAKIが合ってるのかなと思います。もちろんアイロン用のスプレーも使いますが、これもシャンプーとの相性があるようです。現在はいち髪のピンクのボトルのスプレーを使っていますが、私の場合、少しスプレーしすぎると少しべたついてしまいました。なのでもし使用されてる場合は少量かけてくしでとかしてからアイロンを当てた方がいいかもしれません。

ハーブガーデンシャンプーは頭皮環境を整えるて美髪に生まれ変わる

前から特に髪に関してこれといった悩みはありませんでした。

髪質も柔らかく、細く、少しクセはありますが、友人にはパーマを掛けているみたいでちょうどいいクセだ、と言ってもらっていました。

なので特にシャンプーも気にすることなく、そのときに気になったもの、新商品、香のいいものなどを選び使用していました。

ここ最近では、ノンシリコンのシャンプーが流行っているようで、私自身も使っていました。たまたま買ってみた今CMで話題のノンシリコンのシャンプー...

これが生まれて初めて合わない!と感じたシャンプーでした。使い始めてよく日、仕事中にずっと私の周りにまとわりつく、わきが臭。最初は会社の人でわきがの人がいるんだ、と思っていましたが、もしかして...シャンプー?と思い使用をやめたら、すぐに臭いは消え去りました。洗っている時は、まったくそんな臭いを感じないのに、時間が経つと私の体臭と混ざってなのかとんでもない臭いに変化するようです。

そして一番このシャンプーを使って後悔しているのが、髪質の変化です。

以前は、柔らかく猫っ毛だったのに、いまでは、ごわごわ・バリバリ...見るからに硬い髪質に変化してしまいました。頭皮にも合わなかったようで、頭皮の痒みがひどく今まで出たことのないフケを出るようになってしまいました。

今では、相談した美容室おすすめのシャンプーを使い何とか治まってきましたが、髪質は戻りません。

シャンプーでここまで変わるとは思っていませんでした。

たかがシャンプー、とはいかないな。と思い知りました。



ハーブガーデンシャンプーを買う前に読むブログ

髪質は真っ黒で固く、量も多い、所々にくせ毛があります。美容室ではとにかく梳いてもらいますが、すぐにもっさりしてくるので、シャンプーも大変です。一時期は軽くパーマをかけたベリーショートで頭も軽かったのですが、ある冬から頭皮にフケが混じるようになりました。30代半ばのことです。それから決まって晩秋から春先にかけてフケが出るようになったのですが、ショートヘアーだとかなり目立ちます。現在はあごぐらいのボブにしています。

 それまではボディーソープもシャンプーもドラッグストアで購入していました。家族や知人の口コミを頼りにシャンプーを変えてもみましたが効果なし、ある時ナチュラル雑貨の店で店員さんに勧められた石鹸シャンプーを使ってみました。私の髪質だから絶対ゴワゴワするに決まっている、そう思い込んでいました。しかし、洗い上がりもまとまりもよく、なによりフケが出なくなりました。石鹸シャンプーはすごい!やっぱり自然派のケアが一番だ!そう思ってずっと使い続けています。

 ところが、また冬の乾燥期にフケが現われるようになったのです。ショックでした。石鹸シャンプーが私にとってのファイナルアンサーだと思っていたのに、また迷子になった気分です。それからは「石鹸シャンプー」、「フケ」、「乾燥」などのキーワード検索でたどり着いた方法を試す日々です。馬油のマッサージ、湯シャン、塩シャン、クエン酸リンスにグリセリンを混ぜてみる...どれも一朝一夕では効果の程がわからないので継続する必要があるのですが、人と接する職業柄、湯シャンのべたつきを晒すのが嫌で石鹸シャンプーに戻ることもしばしばです。

 常に常に実験の日々。年齢的に体が変化しているから仕方ないのでしょうが。自分に合うものを見つけるには、体を張って実験するしかないのでしょうね。
ハーブガーデンシャンプーと科学的なシャンプーとの違い|髪を育てるとは

トイレの事で悩んでいることは二つあります。ひとつは頻尿です。もう一つは残尿感です。今までも出かける前にトイレに行っていましたが、一度トイレに行けばそれて普通に外出できていました。しかし、ここ数ヶ月はトイレに行っても残尿感があり出かける前に34回トイレに行きます。2回目以降トイレに行った時には全然出ない時もあれば、少しだけ出るとき、普通に出るときもあります。普通に出たときは、ある程度スッキリするのですが、出なかったときは残尿感は残ったままです。外出してすぐにトイレに行けない状況の時は不安ですが遅刻してしまうので、そのまま外出します。外出して、他の事に気持ちが集中すると残尿感のことは気にならなくなります。そして、もう一つの悩みの頻尿ですが、こちらもかなり困っています。先程も書きましたが、出かける前には必ずトイレに行くのですが目的地に着くとまたトイレに行きたくなります。酷い時は出発して20分ぐらいでトイレに行きたくなるのでコンビニなどによります。元々、飲み物を飲むとすぐにトイレに行きたくなるので、出かける前やトイレに行けない状況の前には水分はあまりとらないように気をつけていまが、それでもダメな時が多いです。夏は汗もかくし熱中症になると困るので水分を取らなければいけないとは思いますが、水分をとるとトイレに行きたくなるので迷います。あまり汗をかかない体質なので、それも関係しているのかもしれません。生活するのに不便だし病院に行った方が良いのかな?と思ってはいますが、痛みがあるわけでもないので数ヶ月そのままにしています。

今現在私はニキビはありません。しかしできやすいのも事実です。脂っこいものを余計に食べたり、寝不足が続くとできやすくなるようです。あまり多くはできませんが、急に1個出てくるとそれがすごく目立つのです。気になって触ってしまいます。

ニキビが出来てしまった時に私がしていること、気を付けることは、

出来るだけ触らないようにする。触ることでさらに刺激を与えるので、治りにくくなります。

脂っこいものを避けるようにする。

眼の下ふっくらさせたいのに、体の疲れが原因で眼の下がやせてきています。

顔を洗う時はとにかく絶対にお肌に触れない洗い方をします。泡で洗うにしても、ぬるま湯で洗うにしても、手は肌に触れないように30回くらいすすぎます。

メイクをするときも指、パフや筆などでニキビをこすらないようにします。その部分だけ何もしないのが一番いいのですが、一部だけ赤く浮かび上がるものが見えているとおかしいので、メイクは押し当てるようにしていきます。洗い流す時にはこすることが無いように、少しくらいニキビにメイクがのっていても気にしません。

ニキビ専用の美容液、その他保湿に関しても、全て、手のひら全体で押さえるようなつけ方が、肌全体にもニキビにも一番優しくていいつけ方だと思います。

刺激を与えないで肌ストレスからより遠いケアをすることは、まさにお肌にとっても精神的にもかなりの癒し効果があるように思います。

朝起きて、安心して鏡が見られるはずです。

小学生のころから出始めたニキビは額から始まり、顔全体へと広がっていきました。「20代になったら治るよ」と親に言われたのを信じていましたが、20代超えても一向に良くなりませんでした。

ニキビに良いとされる化粧品を使用してみたり、皮膚科や美容外科、サロンに行って施術を行っても一向に良くなりませんでした。

悪いことだとわかっていても、髪の毛で顔を隠したり、コンシーラーを何色も重ねた上にファンデーションを付けたり、マスクをしたり隠していた結果、刺激で余計に悪化していきました。

 

しかしある日、アレルギーの症状の一つにニキビがあることを知りました。遅延アレルギーといって、普通のアレルギーとは違っているのですが、普段食べているものがアレルギーの原因だったりします。私の場合は白米でした。白米をやめたところ、一気に額や頬のニキビが減りました。私の知り合いには小麦が原因だったという方もいます。

また、すべての化粧品をオーガニックに変えました。目尻にヒアルロン酸もいいので洗顔後の化粧水とフェイシャルオイルのみ(乾燥が気になる時は保湿クリーム)をするようにしたら、新しいニキビもできにくくなり、隠すのが大変だったニキビもほとんど目立たなくなりました。

 

1週間に何度もフェイスパックをしたり角質ケアをしていましたが、それもなくし、角質ケアは1週間に1回にしました。今までは気にしすぎてケアをしすぎていたのが原因だったとわかりました。またニキビを気にするストレスもニキビの原因となっていたと思われます。

高校に入ってから前髪を作ったせいかおでこの部分からニキビができ始めました。最初はそんなには気にしなかったんですが、だんだん増えて行くばかりで不安になり始めました。最初は前髪をピンでまとめたりしてみても変わりはなく、ニキビ対策のスキンケアコスメを使い始めました。使い始めてから1ヶ月は結構治ってたんですが、1ヶ月後からまたニキビができ始めて別のスキンケアコスメを使いました。

それも同じ効果でした。結構使ってるとまたニキビができる。

このリサイクルを2、3回、回ってそろそろおかしいと思い始めたらもうおでこ、顔のサイドがニキビですごいことになっていました。

知り合いや友達にまで心配され、前髪を下ろして、ニキビを隠すようになりました。そうしたら当然のようにさらに増えます。

そのときもまだニキビ対策のスキンケアコスメを使い続けてました。そうこうしてるうちに、ニキビに悩まされて2年が経っていました。

もうニキビとの生活にすら慣れていました。そうしたらお母さんに美容院に行くことを勧められ、言うがままに行きました。美容院に3ヶ月くらい通ってやっと治りました。スキンケアについてアドバイスをもらったのですが、ニキビ対策のものを長期で使うのは肌をだめにするみたいで、私の肌がすごくダメになってるからと普通のスキンケアコスメに戻されました。

それ以降は特に美容院にも行ってなく、スキンケアに特別なこともしていません。今では、早くニキビのあとが消えるようにと願うだけです。
こちらのサイトもおすすめです。歯が汚い女

小さい頃、肌がつるつるで本当に綺麗だったのですが中学生に上がった頃から少しずつニキビが出始めてきました。当時はニキビが早く治ってほしいしみんなに見られたくないという思いから汁をだしてしまったり取ってしまったりを何度かしてしまいました。

 

結果、小さな穴になってしまい今でも本当に後悔しています。今までにできてしまったニキビの跡は消えることはないのかと思うといつもテンションが下がってしまい他人からの目線を気にしてしまったりと落ち込んでしまうことがあります。もちろん、周りの人がみんなそんな風に思っているとは限りませんがやはり気になってしまうものです。

 

現在でも時々ニキビができることがあるのですが、同じ失敗は絶対したくないと思い、絶対にいじったりしないようにしています。また、普段から化粧を薄くしたいと考えていて、洗顔にも気を配りできるだけダメージを与えないようなやり方をしています。それまでは洗顔をするときも少し力を入れすぎてしまっていたりと肌にとってよくないことを重ねていたんだと思います。病院の先生に相談した際に力を入れすぎるのはよくないとアドバイスをいただいてからは徹底して意識をしています。

 

しかし、この方法を取ったからといってニキビ自体が0になるということは考えにくいですし食べ物によってもでてきてしまいます。なので私はニキビを無くそうという考えかたよりもでてきたときにどう対処するのが一番良いかということに重点を置いています。

上の2人は年子で3人目だけ年がはなれています。3人とも、とても安産でしたので出産自体はとてもラクなほうだったと思います。第一子妊娠中には小さな卵巣嚢腫があると言われましたが、それは産後の検診のときに大丈夫だと言われました。第一子出産後、子宮の戻りが悪かったのと悪露は長い間続いていましたが、その時は第一子だった事もあり悪露の量が多く長引いているという認識はありませんでした。第一子を出産して半年ほどしてから第二子を妊娠しました。今思えば第二子を出産する前から体調はおかしかったと思います。第二子を出産しても可愛いと思えなかったのです。病院では毎日1人で泣いて過ごしました。退院してからは、第二子も可愛いと思えるようになり育児をしていましたが、私がかなりヒステリックに怒鳴り散らしたり、異常な程に悲観的になったり、何に対してかわからないけど漠然とした不安を抱えるようになりました。病院では産後うつとも言われましたが、私の心の調子が、悪くなるのは生理前だと気付きPMS(生理前症候群)と診断されました。ホルモンバランスが崩れたのが原因だと言われました。酷いときには死にたいと思うほどだったので、産婦人科では対応出来ないと言われて心療内科か精神科に行くように言われました。一度心療内科を受診しましたが、もらった安定剤が合わなかったのですぐに通院を辞めてしまいました。安定剤を飲むことに対する不安もあったので、自分で色々と調べて漢方薬を中心に処方している病院に行きました。漢方薬は私に合っていたようで、今でも漢方薬を服用しています。だいぶ落ち着いて生活できるようになりました。

家系は子宮に関する遺伝的な病気が多い家系です。母だけでも、生理痛が昔からひどく慣れっこになっていたのですが、とうとう倒れるほどのひどい激痛に苛まれました。前から色々な健康診断を受ける度に子宮がひっかかっていましたが、小さな子宮筋腫という診断を受けて、やり過ごしていました。しかし、それがとうとう日々の生活に影響を及ぼすくらいになっていました。母は病院で見てもらったところ、子宮が子宮筋腫だらけになっていたそうです。子宮としての機能を失うくらいひどい状態でした。しかし、母はもう出産出来るほどの年齢ではなかったので、色々悩んだ末にこれ以上悪くなるのを恐れて、子宮自体を取り除く事にしました。そして母はとてもショックを受けていましたが、私たちは母の生理痛がひどかったので、それから解放される事に内心喜びました。そうこうしているうちに今度は姉がチョコレート嚢胞を発症しました。姉の卵巣は片方機能していなくて、取り除かなければいけない状況になっていたそうです。まだ結婚すらしていない姉にとっては、本当に苦悩の選択だったと思います。しかしお医者様曰く、子宮腺筋症が片方正常に残っているので妊娠は出来るとの事。なので姉は決断して、片方の卵巣を取り除きました。そして、その後は幸せな結婚をして、男の子を1人儲けています。それから私はと言うと、歳の差婚で結婚して子どもが出来ましたが、お医者様から子宮筋腫があると言われました。しかし、お医者様からは妊娠しているので、これも子どもの栄養になるから気にする事はないと言われました。驚いた事に、言われたとおりに全部子供の栄養に吸い取られて、出産時には無くなっていました。独身で過ごしていたら、問題になっていた子宮筋腫も出産を経験したおかげで、私はとてもラッキーな時に出産したなぁと、後で実感しました。

MTBlog42c2BetaInner

最近のブログ記事